ボーカル講師 対談インタビュー:広井裕子トレーナー

 音楽をはじめたきっかけ

「私には、自由に音楽を楽しめる環境が必要なのです!」

私が音楽をはじめたのは、4歳の頃にピアノを習い始めたのがきっかけです。近所に住んでいたお姉さんがピアノが上手で、自宅に遊びに来られた時に弾いてもらった時の感動、「こんな風に私も弾きたい!」、小さいながらも自分から「やりたい!」と言って、両親にお願いしたんです。それからはもうずっとピアノを続けていて、中学の時のクラブ活動にはブラスバンド部を選びました。ところが、いずれは音大を受験するのだから、学校のクラブ活動を辞めてもっと本格的なレッスンをしなさい、ということになって…(苦笑)。父がよく洋楽を聞いていたりしたので、私を音楽の道に進ませたかったのかも知れませんね。中学・高校を通して、音感を鍛えたり音楽の基礎を学ぶ「ソルフェージュ」や、声楽のレッスンを続けていました。そうは言っても高校生の頃には友人とバンドを組んで、文化祭で『JUDY AND MARY』などを歌っていましたけどね(笑)。

大学に入学すると、当時流行っていた映画『天使にラブ・ソングを』の影響もあって、ゴスペルに夢中になって行きました。5人、20人とグループを作っては、いろいろなイベントで歌っていましたね。一方、大学生活では音楽教育学科に在籍して、ピアノ、声楽、指揮、楽器など、幅広いジャンルを学びました。とくに3、4年生のときのゼミには「合唱指揮」を選び、コンダクターのスキルや作曲などあらゆる知識を吸収しようと、とにかく毎日が一生懸命でしたね(笑)。大学を卒業すると、幼稚園や保育園の先生を目指す方たちが通う専門学校でピアノ講師の仕事をはじめました。アフターファイブはゴスペルのレッスンをして、週末にはステージに立つ…といった生活を送っていたのですが、週4日勤務の非常勤講師からスタートして、やがて正社員になると最後は週6日勤務することになってしまって…(苦笑)。仕事が忙しくて、大好きな音楽ができない。それならば、週2日のお休みをもらえる事務職に就こうと、一般の会社へ転職。ところが根が真面目なものですから、思いがけず周囲からの評価を得ることになり(苦笑)。残業が多くなったり、役職がつくという話もあって、再び音楽の世界へ。やはり私には、自由に音楽を楽しめる環境が必要なのでしょうね(笑)。

ボーカル講師(ボイストレーナー)をはじめたきっかけ

会社を退職したあとはピアニストとして活動したり、仲間と一緒にホテルのロビーなどで歌を披露していました。そうした日々を過ごすうち、社会人としての私の原点だった「教える仕事」に戻ってみたいな、と考えるようになったんです。インターネットで講師の仕事を探すうち、見つけたのがモア東京ボーカル教室。ボイストレーナーを募集するページに書かれていたことが、私が理想とする講師像のように思えて。ぜひこちらで仕事をしたいと思ったんです。

講師(ボイストレーナー)業を行う上で重要視しているところ

それぞれの生徒さんにとって、楽しく充実した内容になるように。そして、心まで癒して差しあげられるようなレッスンにしたいと思っています。私が担当する生徒さんは、8歳の小学生から、70歳を過ぎたご年配の方までさまざまです。お子さんには、集中力を途切れさせないよう時に笑いを交えながら。発声練習よりも好きな歌を歌いたい!というタイプの方には、レッスンのペース配分をアレンジしたり(笑)。「声が出る」ことと「心を開く」ことはリンクしていますから、生徒さんに心を開いていただけるよう、心理学的なアプローチも意識しながら接するようにしています。

ボーカル講師(ボイストレーナー)を行っていて良かったと感じる瞬間は?

担当する生徒さんが「高い声」を出せるようになったり、目にみえて声量がアップした時などは、やはり嬉しいものですよね。でも自分の目標に向かって努力していらっしゃるのは、あくまでも生徒さん。私は、出来るようになったことを一つずつ確認したり、励ましの言葉をかけながら、みなさんの頑張りをサポートしたいと思っています。また一方で、さまざまなジャンルの曲を歌われる生徒さんに対応することが、私自身の勉強にもなっていると感じています。これまで経験したことがなかったジャンルの曲にも積極的にチャレンジするなかで、表現の幅も広がったように思います(笑)。

ボーカル教室の生徒さんに伝えたいメッセージ

いろいろな習い事があるなかで、「ボイストレーニング」はまだまだメジャーではないかも知れません。体験レッスンに申し込んだり、実際にレッスンを始めたり…、生徒さんがはじめの一歩を踏み出すためには、きっと大きな勇気が必要だったと思うんです。最初に感じた「ドキドキ」の後には、楽しいことがたくさん待っています。せっかくモア東京ボーカル教室に通っているのですから、自分が興味をもった事にどんどんチャレンジしてみてください。教室では、ライブイベントをはじめレッスンの成果を発揮できる場をご用意しているほか、ミュージカルのオーディションなど生徒さんの目標を全力でサポートしています。みなさんが楽しいと思うこと、チャンレンジしたいこと、ぜひ私たちに教えてください。

モア東京ボーカル教室のよいところは

モア東京ボーカル教室の良さというとまず、ボイストレーナーの方々の能力・人間性が挙げられると思います。カウンセリングスキルが高いと言うか、包容力があると言うか…。たとえ私が担当する生徒さんを他のトレーナーの方にお願いすることがあっても、どなたにでも安心してお任せできる感じです。そして、そんな素晴らしいボイストレーナーの方たちと同じくらい充実しているのが、生徒さんが自由に参加できるイベントやグループ活動など。歌うのが大好き!という仲間が集まった「GSC(グループ・サウンド・コーラス)」やミュージカルサークルなど、教室の枠をこえた活動ができるのもモア東京ボーカル教室のスケールメリットではないでしょうか。

近い将来の音楽家としての目標は…

これまでと同じように、きっと私は死ぬまで音楽に携わって行くのだと思います。今はこちらでボイストレーナーの仕事をしていますが、そのほかにも音楽仲間とステージに立ったり、ピアノの弾き語りでライブを開催する予定もあるんですよ。さまざまな場所で経験を重ね、刺激をもらいながら、これからも少しずつ成長して行きたいと思います。

また、この教室では私が大好きな「ゴスペル」を楽しむグループを立ち上げられたら嬉しいですね。ゴスペルに対して、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか? 私は最初「カッコいい」という気持ちから入ったのですが、ゴスペルは学べば学ぶほど奥が深い音楽なんですよ。本来、教会の礼拝堂で神様に向けて歌われるゴスペルは、黒人奴隷たちの間で生まれたと言われます。重厚感のあるビートは彼らの足につながれた鎖の重みであり、ゴスペルの歌詞は辛い日々を過ごした彼らが神様に向けた心の叫びなのです。こうした宗教的な音楽を本当に修得したいと思うなら、クリスチャンに改宗しなければならないほど。でもやはり、私が感じたのと同じように「カッコいい、やってみたい」と思われる方が大半ではないでしょうか。そんな方々のために、「ゴスペル・スタイル」というカタチで、全身全霊で歌うことを楽しむグループができたらいいですね。