ボーカル講師 対談インタビュー:港 幸樹トレーナー

 音楽をはじめたきっかけ

「オモチャ代わりのピアノが、音楽の世界へと導いてくれました」

私が物心ついた頃にはすでに自宅にアップライトピアノがあって、ほかに遊ぶ道具もなかったものですから、いつもピアノをオモチャ代わりに遊んでいた記憶がありますね(笑)。そうした経験があって4歳の頃、母に連れられてヤマハ音楽教室へ。エレクトーンの基礎的なコースからはじまり、ピアノの個人レッスンへと移行して、中学校を卒業するまでの約10年間ピアノを続けていました。高校に入ると受験勉強のためにピアノのレッスンを中断したのですが、音楽は好きでしたからブラスバンド部に所属して、クラリネットを担当したり、指揮者という立場から色々な経験を重ねました。とは言っても、当時の私にとって音楽はあくまでも趣味であって、まさか音楽に関わることを仕事にするとは思ってもいませんでしたね。
私の父は教育者で、地元の北海道・小樽では「あの先生の息子さんね」と認知されていて(笑)。私も何となく、父と同じ教育者になるのだと思っていましたから、大学は北海道教育大学に進みました。ところがこの大学は、入学した後に音楽科を選択できるシステムだったんですよ! 高校生のときブラスバンド部に在籍していた経験が役に立ち、晴れて「小学校課程音楽科」で学ぶことができました(笑)。そうして教育実習を経験し、教員採用試験も終えた大学4年生の秋、私に転機が訪れました。大学卒業間近に訪れた劇団四季の舞台で、大々的な劇団員オーディションの告知チラシを見つけたんです。実は、高校3年生の時に劇団四季の『オペラ座の怪人』を観て衝撃と感動を受けて以来、北海道公演がある度に観劇していて。きっと自分はこのまま学校の先生になるだろうと思いながらも、「記念受験」的な意味合いも込めて、誰にも内緒で東京でのオーディションに参加したんです。そして結果は…、見事に合格!で(笑)。両親にこの結果を伝えると、大反対すると思っていた父が意外にも「本当にやりたいことなら」とアッサリOKを出してくれて。私自身も、自分の中に新しい可能性を見つける事ができましたし、一度しかない人生だからと、このチャンスに賭けてみることにしたんです。

劇団四季でのいちばんの思い出は、私をこの世界へと導いてくれた『オペラ座の怪人』の舞台に立てたこと。これまでの色々な思い出が蘇って来て、思いがけずステージの上で泣きそうになりました(笑)。そのほか『ライオン・キング』などにも出演し、5年にわたる在籍期間中は、1年365日のうち300日はステージに立っているような生活で。公演がない日にも稽古がありましたし、自分の体のメンテナンスも必要ですし…、となると、なかなか自分のためのレッスン時間が取れなくて(苦笑)。今一度基本に立ち返り、しっかりとした技術を身につけたいという思いから劇団四季を離れ、自分磨きのための時間を持つことにしたんです。

ボーカル講師(ボイストレーナー)をはじめたきっかけ

プロの舞台から離れていた約2年間は、昼間は塾講師、夜間は歌や演技のレッスンという日々を送り、ちょうど30歳を迎えた年に『レ・ミゼラブル』のオーディションを受けて、チャンスを勝ち取りました。そしてこの時、歌や演技のスキルを磨いてきたように、「人に教えるスキル」も高めたいと思ったことが今の私につながっています。たとえば外科のお医者さんでは、経験してきた手術の数が、外科医師としてのスキルに直結しますよね。ですから私も、多くの生徒さんに歌を教えることによってスキルを磨き、同時に演者としての自分自身も高めたいと考えたんです。ネットで検索したり、友人から情報を得たりするなかで、見つけたのがモア東京ボーカル教室。在籍する生徒さんの数も多く、何となく雰囲気も良さそうで(笑)。ここで教えることができれば、きっと自分のためになると直感して、2013年の終わり頃からボイストレーナーとして仕事をしています。

講師(ボイストレーナー)業を行う上で重要視しているところ

生徒さんがレッスンを始める時には、ちょっとした勇気が必要だったはず。また、ボーカルレッスン中はずっと声を出して歌っているわけですから、エネルギーが無くては続けられませんよね。ですから私は、そんな生徒さんたちの思いに報いたい。教室からお帰りになる時に、「楽しかった」「来てよかった」と感じてもらえるようなレッスンをご提供したいと思うんです。ストレス解消のためや、プロを目指す方、音痴を何とかしたいという切実なお悩みでいらっしゃる方など、それぞれに異なるレベルや目的にあわせてレッスンをすること。マニュアル通りではなく、柔軟でフレキシブルなレッスンを心がけることによって、すべての方にご満足いただけるようにと考えています。

ボーカル講師(ボイストレーナー)を行っていて良かったと感じる瞬間は?

私が担当する生徒さんの中に、最初のレッスンの時に音程をとるのが難しい方がいらっしゃったんです。それが3回ほどレッスンを続けているうちに、だんだんと音程が安定するようになって来て、今では「歌っていて楽しい」と話されているほど(笑)。こんな風に、生徒さんが何かを成し遂げられた時、その瞬間に立ち会えるという点に、ボイストレーナーとしてのやりがいを感じています。

ボーカル教室の生徒さんに伝えたいメッセージ

モア東京ボーカル教室でボイストレーナーの仕事をはじめて、いちばん驚いたのは、生徒さんのレベルの高さです。プロの卵といった生徒さんだけでなく、趣味で通われている生徒さんも、私が予想していた以上に歌がお上手なんですよ。ですから私としても、目標に向かって頑張っていらっしゃる皆さんを、精一杯サポートしたいという気持ちになりますし、生徒さん一人ひとりに合わせてレッスンの内容をアレンジしています。ボーカルレッスンを続けることで、ご自分の可能性が広がって行くはずですから、まずはセッションを楽しむような感覚で、教室に遊びに来ていただきたいですね。

モア東京ボーカル教室のよいところは

モア東京ボーカル教室をインターネットで見つけた時に「何となくイイ感じ」だと思って採用試験を受け、応募動機を聞かれた時も「何となく」と答えました(笑)。そして、実際に仕事を始めてからも、「イイ感じ」という印象は全く変わることがありません。ボイストレーナーには超一流の方たちが揃っていますし、POPSのライブやミュージカルサークルなど、生徒さんたちの要求に応える発表の場、交流の場も用意されています。モア東京ボーカル教室は、歌や音楽を通して誰もがつながれるコミュニティであり、人のぬくもりが感じられるオンリーワンのボーカル教室だと思います。

近い将来の音楽家としての目標は…

私は現在、ミュージカルの舞台で活動するほか、スーパーエキセントリックシアター映画放送部に所属していて、映像の分野にも活動のフィールドを広げて行きたいと考えています。CMのナレーションをはじめとした声優の仕事にも積極的にチャレンジすることで、自分を表現する手段である「声」に、もっと磨きをかけて行きたいですね。また、「歌を通して子供たち一人ひとりの人格をつくりあげる」という活動の主旨に賛同して、2009年からNPO法人ジョイキッズシアターに参加して、子供たちに歌の指導をしています。もともと子供は好きですし、小学校教師の免許も持っていますからね(笑)。今後も歌を教えることはもちろん、大きな影響力があるステージを通して、私なりの表現を発信して行きたいと思っています。