【ミュージカル曲コラム】オペラ座の怪人「スィンクオブミー」歌い方・歌 上達 歌唱法


Musical

ミュージカル お役立ち情報

2014/08/09

曲の最後の音がとても高く、

歌いこなすことが難しく思われがちですが、それ以外のパートは、比較的歌いやすい曲。

ぜひ、歌唱ポイントを参考に挑戦してみましょう!

 

[曲名] スィンクオブミー/Think of me

[演目] オペラ座の怪人/The Phantom of the Opera

 

[演目について]
フランスの怪奇作家ガストン・ルルーの原作をもとに、オペラ座の地下深くに棲む“ファントム”と歌姫“クリスティーヌ”の悲恋を美しく鮮烈に描いた、アンドリュー・ロイド=ウエバー渾身の作品。ブロードウェイでロングラン記録第1位を現在も更新中。

[曲について]
パリオペラ座でコーラスガールとして舞台に立つクリスティーヌ。
新公演初日直前のリハーサル中にアクシデントが起こり、プリマドンナが降板する事となってしまいますが、その代役に白羽の矢が立ったクリスティーヌが、そのオペラの演目の歌「Think of me」を歌うこととなります。

[歌唱のポイント・アプローチ]
本編では、曲の始まりはオーディションのシチュエーションで歌いはじめ、間奏の後、初日公演の舞台へとシチュエーションが変化して行きますが、 ソロで一曲歌う場合は、歌詞から想像される内容、「終わってしまった恋、恋人に対しての想い」を表現すると良いでしょう。
オペラアリアの設定なので、通常のミュージカルナンバーよりもクラシカルな発声が必要です。豊かなヘッドボイスの響きを意識しながらも、支えられた息の流れを大切に、また跳躍音のところは、高音部の当たりが低くならない様に気をつけましょう。

 

【注意】

本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい
という方のためのミュージカル曲解説となります。

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル

ミュージカル