【ミュージカル曲コラム】レ・ミゼラブル「ガブローシュのショートナンバー」歌い方・歌 上達 歌唱法


Musical

ミュージカル お役立ち情報

2014/08/09

 

[曲名] ガブローシュのショートナンバー

[演目] レ・ミゼラブル/Les Miserables

[演目について]
1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描いたヴィクトル・ユゴーの原作を、アラン・ブーブリル(作詞)、クロード・ミシェル=シェーンベルク(作曲)がミュージカル化した本作品は、「CATS」や「オペラ座の怪人」を制作した、世界的演劇プロデューサー、キャメロン・マッキントッシュのもとで上演され、2013年からは舞台装置などを一新した新演出版での上演が行われている。

[曲について]
「レ・ミゼラブル」の中に登場する、バリの浮浪児の男の子ガブローシュが、1幕ベガーズのシーンでの初登場と、2幕バリケードのシーンで変装して現れたジャーベールを見抜く時に歌うショートナンバーです。

[歌唱のポイント・アプローチ]
1幕の方は、自己紹介的な内容なので、逆境に負けない元気さや勢いを表現出来ると良いでしょう。
2幕の方は、大人が見抜けなかった事をガブローシュが唯一気付く背景があるので、自信たっぷり少し生意気な感じを出しても面白いと思います。

両歌とも、声変わり前の少年をイメージして曲が作られているので、成人女性では全て地声では歌えない音域があります。イメージ先行ではなく、出来る範囲で地声とファルセットを使い分けて歌うと良いでしょう。

 【注意】

本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい
という方のためのミュージカル曲解説となります。

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル

ミュージカル