【ミュージック オブ ザ ナイト(ミュージカル曲)を上手く歌いたい!】オペラ座の怪人の歌い方・歌唱法


Musical

ミュージカル お役立ち情報

2014/08/25

男性曲ですが、女性が歌っても素敵な1曲。

ウィスパーボイス、ファルセット、ミックスボイスと使い分けが必要で、非常に難易度の高い曲です。以下、歌唱ポイントを参考に、トライしてみましょう。

 

[曲名]  ミュージック オブ ザ ナイト/The Music of the Night

[演目]  オペラ座の怪人/The Phantom of the Opera

[歌唱のポイント・アプローチ]
音域が2オクターブあり、テノールにとっては低く、バリトンにとっては高めなキー設定なので、それぞれに歌いづらい部分が出て来ると思います。
前半の低音部分は無理やり鳴らそうとすると力んでしまうので、息を程よく混ぜたウィスパーボイスを使うと雰囲気が出るでしょう。曲が盛り上がる高音部分は、1回目はファルセットで、2回目は張りのあるミックスボイスで歌うのが定番ですが、いずれも支えが上がってしまうと、喉を詰めてしまうことになるので注意が必要です。

最後のロングトーンは、フェードアウトしていくように音の終わりを処理できると最高ですので、チャレンジしてみてください。

[曲について]
オペラ座の地下にある隠れ家にクリスティーヌを連れ去ったファントムが、「此処こそ音楽の王国。この世界に身をゆだね、私のためにどうか歌って欲しい」と、自らの想いを囁きかけるように歌う、甘くロマンティックなナンバーです。

[演目について]
フランスの怪奇作家ガストン・ルルーの原作をもとに、オペラ座の地下深くに棲む“ファントム”と歌姫“クリスティーヌ”の悲恋を美しく鮮烈に描いた、アンドリュー・ロイド=ウエバー渾身の作品。ブロードウェイでロングラン記録第1位を現在も更新中。

【注意】
本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい
という方のためのミュージカル曲解説となります。

 

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル

ミュージカル