【Bring him home(ミュージカル曲)を上手く歌いたい!】レ・ミゼラブル/Les Miserables「彼を帰して」歌い方・歌 上達 歌唱法


Musical

ミュージカル お役立ち情報

2014/09/17

難易度の高い曲ですが、多様な声を使って、歌唱してみましょう。

[曲名]  彼を帰して/Bring him home

[演目] レ・ミゼラブル/Les Miserables

[演目について]
1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描いたヴィクトル・ユゴーの原作を、アラン・ブーブリル(作詞)、クロード・ミシェル=シェーンベルク(作曲)がミュージカル化した本作品は、「CATS」や「オペラ座の怪人」を制作した、世界的演劇プロデューサー、キャメロン・マッキントッシュのもとで上演され、2013年からは舞台装置などを一新した新演出版での上演が行われている。

[曲について]
愛する娘コゼットが想いを寄せるマリウスとは一体どんな青年なのか…
学生たちが篭城するバリケードに志願兵して潜り込んだバルジャンが、激しい攻防の中疲れ果てて眠っているマリウスの傍らで、まるで息子のように思えるこの青年を、コゼットのためにも、何とか無事に生きて家に帰して欲しいと、神に祈りを捧げるバルジャンのナンバーです。

[歌唱のポイント・アプローチ]
前半は同じフレーズが3回繰り返されますが、1回目「神よ~♪」はファルセット、2回目「若い~♪」はミックス、3回目「うちへ~♪」はフルボイスですが、「帰して~♪」はファルセットで、というように、実声と裏声をうまく使いわけて歌う事がオリジナルのスコアでは求められています。
難易度がかなり高い曲ですが、上記のように色々な声を使って、バルジャンの心情を表現することにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

【注意】

本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい
という方のためのミュージカル曲解説となります。

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル

ミュージカル