【Tsuneの活動ブログその⑧】ミュージカルレッスンと自主練


grown-up record of student

生徒の成長日記

2014/12/15

中沢 庸徳

今年も残りわずかとなりました。
もう師走、あっという間に過ぎてしまいますよね、毎年この月は。

ということで今回も足早にこの一ヶ月の活動報告を。
その前に、前回お約束した「よもやま話」から。

よもその2:「人気者のわ・た・し」

3月のミュージカルの演目は「オペラ座の怪人」。
続々とカラオケ音源が出来上がってきました!

早速、iPodに音源を入れて、「通勤レッスン」開始。
これから本番まで、会社への往復2時間が
貴重なミュージカル個人練習の時間になります。

練習会場は電車。
残念ながら、満員電車。文字通りの「痛勤電車」。

普段苦痛な通勤時間も、ミュージカルの練習を
していると全く気になりません。
イヤホンを両耳に、一人の世界に。
音源を繰り返し聴いて身体に覚え込ませます。

電車の中って、意外とうるさいんです。
イヤホンから流れてくる音源を捉えようと、必然的に
目が閉じられます。そう、通勤時に車窓や社内広告を
楽しむなんて余裕はありません。これからは。

で、先日。
いつものように一人の世界に入り込み、
ミュージカルの演目曲の練習に没頭。

と、何やら視線を感じます。
細目を開けてあたりをこっそり見回すと、
数人と目が合いました。

あれっ?音量大きかったかな?
イヤホンのシャカシャカ音って、結構気になりますよね。

「すみません!」

謝りました。(もちろん心の中で。)
音量をギリギリまで下げて、レッスン再開。
ん?またもや視線を感じ、目を開けると、
やはり数人がこちらを。

でも、皆さん、笑顔だ。
怒っているわけじゃなさそう、ホッ。

ということは、私に興味あり!? 私って実は人気者!?
いい気分になって、レッスンを再々開。
しばらくして、また気配。
目を開けようとした瞬間、気がつきました。

“歌っているじゃん。私!”

あまりに集中しすぎて、声を出して歌っていました(^_^;)
もちろん、鼻歌程度ですよ。

それから電車を降りるまでの時間の長いこと。
冬なのに体中から汗・・・
いつにも増して「痛勤地獄」に。

皆さんも、イヤホン両耳での練習には気をつけましょう!!

そして、
電車でミュージカル曲を真剣に口ずさんでいる人がいたら、
それは私です。どうか温かく見守って下さい m(_ _)m

この一ヶ月は個人レッスンが3回。
いずれも3月のミュージカルショーの演目のレッスンでした。
指導を受けたポイントをご紹介。

「歌詞を生かした歌い方に気をつけましょう!」

音程を覚えることは大前提ですが、その次の段階として
気をつけるポイントを教えていただきました。
要点をまとめると…

『ミュージカルの原曲は英語』
  
・すなわち、「英語の歌詞」が生きる曲の流れになっている。
  ↓
・そこに「日本語の歌詞」を半ば無理矢理割り当てている。
このため、曲の流れ(音の動き)と日本語のイントネーション
に違和感がある箇所がどうしても出てしまう。
  ↓
・英語のミュージカルでの歌い方とは違った
歌い方が必要になるケースも出てくる。
(ブレスの位置、強弱の付け方、音の伸ばし方&切り方、など)

『ミュージカルは、“セリフ”を歌に乗せて伝えている』
  
・イントネーションや言葉の区切りを意識して歌わないと
“言葉”として伝わらない。
  ↓
・プロは、セリフの割り振りを自分が納得するまで
演出家と議論してアレンジする。

(歌詞(言い回し)を変えるケースもあるようです。
ミュージカルを見ていて、役者によって微妙に歌詞が
異なる場合があるのはそういうワケなんですね。)

『楽譜はあくまでも羅針盤』

・ミュージカルは歌詞を音楽に乗せて演じる舞台。
  ↓
・音程が重要だが、「セリフ」が届くように意識して歌うといい。
  ↓
・最も重要なのは、自分の気持ちを歌に乗せられるかということ。
  ↓
・役になりきることが大切。演じたあとに
満足できるような舞台を心がける。

合唱をかじったことがある私にとって、
楽譜通りの譜割りできちんと歌うこと
を指導されてきた私にとって、

「楽譜に完璧に忠実に歌わなくてもいい」
「楽譜はあくまでもガイド」

という考え方は目からウロコ。勉強になりました!
今回、二人のトレーナーに個人指導を受けましたが

「最後は、“演出家”(Kトレーナー)がどんな舞台にしたいかですね」

とのこと。
これからあと3ヶ月。どんな舞台が出来上がるか、楽しみです。

ミュージカル練習会のメンバーの皆さん、よろしくお願いします。
ミュージカルを見に来ていただく皆様、楽しみにお持ちください。

おっと、そろそろ年末大掃除に取り掛からないと(^_^;)
では今回はこのぐらいで。

次回からは実際の全体での練習の模様を
「写真付き」でお送りします!

 

モア東京ボーカル教室
葛西駅校生徒 Tsune
===================================

マンツーマン専門ボイストレーニング教室♪
モア東京ボーカル教室

 ★ワンコイン体験レッスン随時受付中★
詳しくはこちら

♪Facebook♪ファンページはこちら

「ボーカルテクニック」をメールで配信!
メールマガジンの購読はこちら

モア東京ボーカル教室公式HP:http://moavl.net
浦安駅校HP:http://usvl.jp/
葛西駅校HP:http://usvl.net/
津田沼校HP:http://moavl.jp/
錦糸町校HP:http://kinshityou-vocal.com/

中沢 庸徳さんの
成長を応援してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の成長日記はこちら

お役立ち情報