GSC(グループサウンドコーラス)について

話題のボーカルグループGSCってどんなグループ?

インタビュー対象者

Sasha=女性miu=女性沼さん=男性 ※全員、モア東京ボーカル教室所属の生徒さんです

GSCって何?どんなグループですか?

Sasha:グループ名のGSCは、G(グループ)・S(サウンド)・C(コーラス)から名付けました。今在籍しているのは、30名くらいでしょうか? 年齢や性別にかかわらず、モア東京ボーカル教室の生徒さんでなくても参加できる、歌うことが大好きな人たちばかりのグループです。

miu:とにかく個性的な人たちの集まりですよね。みんなに共通しているのは、「歌うのが大好き」ということくらいかな(笑)。それぞれの個性をいかしながら、ハーモニーでは協調性を発揮する。そのときのパワーが凄いなって思います。

沼さん:GSCって何?って聞かれることが良くあるんですけど、僕は「コーラスグループ」じゃなくて、「ボーカルグループ」だよって紹介してますね。ボーカルグループの方が何かカッコいいし、歌が上手そうなイメージがしませんか?

Sasha:「ボーカルグループ」って、いいかも。次のライブのときには、グループ名がGSVになっていたりして(笑)。私たちも進化を続けながら、笑顔で楽しく、ハッピーに歌い続けていきたいですよね。

GSCに参加してよかったことは何でしょう?

Sasha:ボーカルスクールでのレッスンはいつも一人で歌うので、「ハモる」っていう感覚がわからないんですよね。相手が発する音を聞いて、発音ひとつから合わせていく。そうした作業を通してハモれたときは、やっぱり感動です。

miu:たしかに。GSCに参加することで、個人レッスンでは学べないことを得られるっていう感じですよね。私は声も楽器なんだな、と思います。みんなの声を聞いて、覚えて、それに自分の声を合わせていく。なかなか難しい作業ですけれど(苦笑)。

沼さん:そうですね。いろんな個性をもった歌い手さんと出会えて、歌を通してつながることができる。ただ教室に通うだけでは経験できなかった世界に、触れることができているという気がしています。

どんな活動・音楽ができるのですか?

Sasha:GSCの活動はだいたい月に2回。発声・呼吸・リズム・滑舌など2時間程度のトレーニングをしています。今のところPOPSを歌うことが多いのですが、ライブなどではソロパートを担当してもらうこともあるんですよ。とくに男性メンバーは全体の3割ほどなので、必然的にソロの割合が高くなっています(笑)。ステップアップライブで歌うクイーンの『We Will Rock You』では、沼さんも大活躍ですよね。

沼さん:いえいえ。とにかく個性的なメンバーが揃っていますから(笑)。音楽に対するテーマやスタイルは、人それぞれ。目標にしているもの・発信したいメッセージも人によって違うわけで、そこが難しくもあり面白いところですよね。

miu:先生が私たちのレベルを考えて楽曲を提案してくださることもあれば、自分たちから「この曲をやりたい!」ってお願いすることもありますね。譜面を見た先生からNGを出されることもありますが…(苦笑)。少なくとも仲間同士では、誰のアイディアも否定することなく、まずやってみよう!っていうスタンスですよね。

沼さん:そう。メンバーのみんなが同じ方向を向いて、一つになって取り組めるように。話し合いを重ねて、自分たちの音楽を作り上げていく時間も楽しいものですよね。それぞれのメンバーからのアイディアやムードで、自然とGSCのスタイルが出来上がっていく…。だから、今やっている音楽は、今いるメンバーでしか表現できないものなんだなって思いますね。

参加してみての発見・良かったところは?

miu:私は英語がまったくダメなので(苦笑)。英語の曲って、自分では絶対に選ばないと思うんですよね。でも、GSCのみんなから“チャレンジするきっかけ”をもらったような気がします。たしか最初のライブでは、口パクだった記憶がありますが…(苦笑)、メンバーから「口パクでも、ステージに立つことが経験になるんだよ」って励ましてもらったんですよね。そして、本当に少しずつですが、確実に進歩している自分がいて。嬉しいGSC効果かな、って思います。

沼さん:普通に生活をしていたら出会えないような人と、知りあうことができたり。GSCに参加するといつも刺激的で、カルチャーショックを受けている感じです(笑)。そんな個性あふれるメンバーの中で、自分には一体何ができるのか? いつも自分のポジションを探しながら活動している感じですね。

Sasha:沼さん、深いですね! 私は、歌が上手い・下手は関係なく、とにかく楽しく。みんなが一つになれる場所が、GSCかなって思います。実はmiuさんとは、親子ほど歳が離れているのにタメ口だったりして…(笑)。教室やいろいろな垣根を越えて、横のつながりができるという点もGSCの魅力だと思います。

miu:そうそう。私、ライブのときに緊張していても、GSCのメンバーを見ると安心するもの。一人じゃないって思うと、すごく心強い。いつも感謝です。

Sasha:感謝といえば、GSCのレッスンでも毎回トレーナーの先生が私たちのために生ピアノの伴奏で指導してくださる。私たちとっても恵まれた環境にいるなって、ありがたく思いますね。

GSCとしてこれからチャレンジしたいこと。

miu:私はアカペラをやってみたいですね。ほかにも、路上ライブとか。私たちGSCのスタイルを、いろいろなカタチで発信していけたら嬉しいですね。

沼さん:自分自身を含めて、技術的な進歩を目指したいですね。まだ参加していない方たちから、「GSCに入りたい!」と思ってもらえるように。センスとスキルのあるグループになっていけたら、と思います。

Sasha:そうですね。もっとメンバーを増やして、密度の濃い練習をして。グループ全体でレベルアップしていきたいですよね。そして、もっと外に出ていろいろなライブ活動ができたら楽しいでしょうね。私も個人的にピアノを始めようと思っているので。いつか、楽器ができるメンバーとセッションできる日を楽しみにしています!