生徒さんの声(社会人:遠藤さん)

モア東京ボーカル教室が主催する「レコーディング」に興味を持ち、体験レッスンを受講された遠藤さんに、ボーカルスクールで歌を習うことになったきっかけや興味のある「レコーディング」についてインタビューさせていただきました。

もともと歌は苦手だったのですが、今では歌うことに夢中になっている自分が不思議です。

ボーカルスクールで歌を習うきっかけ

以前から歌を聴くのは好きで、よく音楽を聴くのですが、社会人になってから、友達や会社の人達とカラオケに行くことが増え、自分の好きな曲を上手く歌いこなせたらいいなという気持ちになっていました。そこで、インターネットで調べたところ、モア東京ボーカル教室を知り、体験レッスンを受講、とても楽しくて習いはじめることに。もともと歌は苦手だったのですが、モア東京ボーカル教室に入って、正直こんなに歌うことに夢中になっている自分が不思議です。

レコーディングを受けてみようと思った理由や経緯

これまで、お教室の主催するライブは2回経験しています。そこでわかったのは、不思議と今まで練習してできなかったところが一気にできるようになるのです。例えば、高いキーが苦手で練習していたのですが、ライブ本番になると急にできて、その後の練習でもできるようになり、突然上達した感覚があります。レッスンの時、先生にこのことをお話すると、テンションの高さやライブの一体感を体験して、体で覚えたのでしょうと。他にもそういった経験をしていくと実力がつきますよ、とアドバイスしていただきました。そのひとつが、レコーディングだと伺いました。レコーディングは、音響機材を使って自分の声を生で間近にリアルタイムで聴けます。さらに、一曲完成させる過程はモノづくりに近い感じで、これを体感するのはとても良いことだと伺い、大変興味を持ちました。そこで、モア東京ボーカル教室が主催するレコーディングにチャレンジしたのです。

モア東京ボーカル教室のライブの形式では、ソロ、アドバンス、生バンド、プレミアム生バンドとありますが、プロのミュージシャンの方々と一緒にできると聞いた時に、ある曲を歌いたいと思いました。ただ、この曲を歌う前に何曲か経験して実力をつけてから、チャレンジしたいのです。目標とする曲はDEENのデビュー曲で「このまま君だけを奪い去りたい」という曲です。今回レコーディングした浅岡雄也の「生きる星」という曲は次回のポップスライブで歌う曲。そして、目標の曲の前に少なくとももう一度レコーディングを経験して、もちろん目標の曲もレコーディングして、プレミアム生バンドのライブで歌いたいと思っています

実際にレコーディングに臨むレッスンでの気づきや経験について

レコーディングをしていただくボイストレーナーに事前に1回レッスンを受講。そこでは、レコーディングの概要についてのお話を伺い、歌う曲のレッスンを受けました。ライブと違って、録り直しができるため、作り上げていくという感覚と、クオリティーを高めたいという気持ちでした。先生に感情のコントロールをどのようにするか相談し、特にそこをいつも以上に重視しました。

レコーディング当日の感想

当日、レコーディングに行く前に、不安はありました。上手くできなかったらどうしようとか、出したいキーが出ないんじゃないかとか。。。いざレコーディング本番は正直、楽しかった!の一言ですね。音響機材がもの凄く、テンションも上がりました。カラオケで練習をすることも多いのですが、それとは全然違いますね。音の響きが違いますし、自分の声がとてもよく聞こえるのです。プロのミュージシャンの方々と同じことをしているという嬉しさもあります。途中、歌った部分を聴かせてもらえるのですが、もう少しこうしたいといったやり取りも。歌い終わった時は、またやりたいと思っています。

レコーディング後に変った部分

声質をストレートに透き通ったような感じにしたいのですが、その辺の出し方のイメージが湧くようになってきました。曲との一体感や、以前気づいていなかったところが少し気づけるようになってきたと思います。 まだまだこれから、更に上達して、目標の声質を目指したいと思います。