生徒さんの声(高畑 恵美さん)

大学で音楽を学び、以前からゴスペルグループに在籍されていた高畑さんですが、自身の歌声にはコンプレックスを持っていたようです。モア東京ボーカル教室でレッスンを受けてから起きた変化について、インタビューさせていただきました。

レッスンやライブを経験するなかで、 自分の歌声に自信が持てるようになりました。

ボーカルスクールで歌を習ってみようと思ったきっかけは?

私は大学で音楽を学び、以前からゴスペルグループに在籍していたのですが、自分の歌声に対してはずっとコンプレックスを持っていました。誰かの歌声と比べては、「自分は下手だな~」と(苦笑)。でも、そんなモヤモヤした気持ちを抱えているくらいなら、別のアプローチから歌のレッスンに取り組んでみようと考えたんです。当時の自宅から近い場所で教室を探していると、見つかったのがモア東京ボーカル教室で。まずは、体験レッスンを申し込んでみる事にしたんです。

実際にボイストレーニングを習ってみての発見・変化

学生時代には声楽のレッスンもあったのですが、担当の先生がとても厳しいので有名な先生で(苦笑)。その先生の指導は「声を捨てろ」とか独特の表現で理解できないことも多く、レッスンはいつも緊張して、プレッシャーがありましたね。でも、モアでレッスンを始めてみると、楽しいのでリラックスしてレッスンに臨めるし、それまでの変なクセがとれて、自分の歌声が確実に変わっていくのを実感できたんです。「天使のような透明な歌声」の友人を羨ましく思っていたこともありましたが、「ありのままの自分の歌声」を受け入れ、好きになることができました。

モア東京ボーカル教室の良いところ

体験レッスンを申し込んだ当初は、「どんな所なんだろう?」という不安な気持ちでいっぱいでした。でもこちらのボイストレーナーの皆さんは、専門的な知識を備えた方ばかり。レッスンの際にいただくアドバイスも、音楽を学んできた私にもすんなり入ってくるものでした。技術面だけでなく人間的にも尊敬できる方が揃っていますから、いつでも安心してレッスンを受けられています。時々、厳しいご指摘を受けてヘコむこともあるのですが…
(苦笑)。心配してくださるボイストレーナーの方には「高くジャンプするためにヒザを曲げているだけ」とお話して、いつでもポジティブな気持ちでレッスンに臨んでいます。最初に不安な気持ちはあったものの、「モアはとてもステキな場所だった」という感じでしょうか(笑)。

今後、個人的にチャレンジしたいこと

私は学生時代に声楽を勉強しているとき、自分は下手だな、向いていないな、と思うことが何度もありました。でも、さまざまな経験をして今思うことは、「歌は上手に歌うことが全てではない」ということ。たくさんの方が音楽に親しみ、楽しんでいただけるように、どんな方法があるか分かりませんが、私も何らかの形でお手伝いをすることができたら嬉しいな、と思っています。