Yさん

ミュージカル女優を目指したい!と思い、ボイストレーニングを習い、ミュージカルを本格的に学ぼうと決意されたそうです。モア東京ボーカル教室でボイストレーニングを受けてから起きた変化やこれからの目標について、インタビューいたしました。

ミュージカル女優を目指して、表現と歌に磨きをかけています。

音楽をはじめたきっかけ

私は小さな頃から歌を歌うのが大好きな子供でした。NHKの『おかあさんといっしょ』を見ながら、いつもTVの前で歌ったり踊ったりしていましたね(笑)。カトリック系の小学校に入学してからは聖歌隊の一員として歌っていたのですが、6年生のときに出場したNHKのコンクールで全国3位になったんです。こうしてますます歌が好きになり、本格的に音楽を学びたいという気持ちが強くなりました。私の気持ちを両親に伝えて説得し、音楽大学附属中学校のピアノ科へ。高校と大学では声楽科で学び、今に至っています。

ボイストレーニングを習ってみようと思ったきっかけは?

ボイストレーニングを習ってみようと思ったのは、大学3年生の秋のこと。卒業を控えて自分の将来を考えたとき、ミュージカルを本格的に学び、真剣に向き合いたいと思ったんです。大学では声楽科でオペラなどを歌っている私ですが、本当に目指しているのはミュージカル女優。中学1年生のときに映画化されたミュージカル『オペラ座の怪人』をみて、これだ!と衝撃を受けてしまって(笑)。映画館へは3回以上足を運びましたし、初回限定特典がついたCDを手に入れたり、とにかく大好きでハマっていましたね。その後も劇団四季のミュージカルを観に行ったり、本場・ブロードウェイの舞台を体験したりするうちに、自分の進むべき道が定まってきたという感じです(笑)。

ボーカルスクールを探そうとネット検索していたとき、いろいろとキーワードを入力して、ヒットしたのがモア東京ボーカル教室でした。教室の様子ですとか、ボイストレーナーの方々のプロフィールなどを眺めていたとき、一人のボイストレーナーが目にとまったんです。その方のプロフィール欄に書いてある内容がまるで自分のことのように共感できて、「ぜひこの方に教えてもらいたい」と思い、体験レッスンを申し込みました。

実際にボイストレーニングを習ってみての発見・変化

高校から声楽科に在籍して発声のメカニズムなども理解していましたから、教えてもらうことに関してはとくに苦労はありませんでした。ただし、ある程度できあがった[私の声]を壊さないようにしながら、ミュージカル向けの声を出すことには苦労していますね(苦笑)。極端な話かも知れませんが、オペラの場合は同じ発声方法でも、声の強弱で表現すればOKな所があるんです。これがミュージカルになると、その時々の役柄の感情にあわせてセリフのように歌ったり、ちょっぴり声を潰すように歌ったり(笑)。ただキレイに歌うだけでなく、役の気持ちを表現することが大切になるのです。こうした表現については自分のなかで良く理解できない部分があって、先日も『リトルマーメイド』のアリエルのセリフにとても苦労しました(苦笑)。ボイストレーナーの方に「ふだんの生活でそんな言い方をする?」と問いかけられ、頭の中で考え、でも何度やっても“アリエルの真似ごと”のようにしかならなくて…。でもそんなときは、実際にボイストレーナーの方が歌ってみてくださるので、「なるほど!」という感じで理解できるんです。きっと私は、言葉で聞くよりも耳で覚えるタイプなのかもしれませんね(笑)。

そうした貴重なご指導はムダにすることがないよう、歌い方のポイントなどはすぐに楽譜に書きこんで、自分の中にデータを蓄積するようにしています(笑)。自分が歌っているのを自分で聞く声、自分の歌を録音して聞く声、自分の歌を誰かが聞く声、みんな違うんですよね。ですから、一人で練習して迷ってしまうよりも、ボイストレーナーの方がその場その場で指摘し、修正してくださるレッスンはとてもありがたいですし、確実に表現のレベルアップにつながっていると思います。私がプロを目指していることをご存知なので、ボイストレーナーの方のご指導も厳しいのですが(笑)。今はモア東京ボーカル教室に入るきっかけになったボイストレーナーの方に担当していただいて、とても充実したレッスン時間を過ごしています。

モア東京ボーカル教室の良いところ

モア東京ボーカル教室には、いろいろなジャンルを得意とするボイストレーナーが揃っていて、しかも現役でご活躍されている方が多いんですよね。今の私にとってはボーカルレッスンだけでなく、目指すべき劇団を絞り込むための情報収集などにも役立っています(笑)。「あの劇団のオーディションを受けるなら、髪型はこんな感じで服装はこうして…」といった、実体験に基づいたアドバイスをいただけるので、本当に良い環境に身を置いているなと思いますね。

そしてもう一つ。モア東京ボーカル教室主催のライブに出演したことも、とても良い経験でした。大学の実技テストの時などステージに立って一人で歌うことには慣れていましたが、マイクをつけて歌うのは初めてだったんです。マイクを使わないオペラでは声の響きがポイントになるのに対して、マイクを通して演じる人の息づかいまで伝わるのがミュージカル。ライブのステージを経験して、あらためて私はミュージカルの舞台で歌いたいと思いました。

今後、個人的にしたいこと

今現在の第一目標は、オーディションに合格すること。私の希望を聞き入れて、これまで応援してくれた両親や祖父母に喜んでもらいたい、中学校受験をしたあの決断は間違っていなかったのだと誇れるようにしたいと思っています。そしてぜひ、憧れの舞台『ウィキッド』のグリンダ役を勝ち取って、「ポピュラー」を歌いたいですね。私自身が納得できるように、支えてくれた人たちに本当の恩返しができるように。今はオーディションまでの残り時間を大切に、モア東京ボーカル教室で頑張りたいと思います。