【ボイストレーニング コラム】高い声を出したい!その2(高音の出し方)


Voice training

ボイストレーニング お役立ち情報

2014/08/11

【内容に連動した動画】をクリック!

 

 

【ボイストレーニング コラム】高い声を出したい!その2(高音の出し方)

このページは、ボイストレーニングに関して、とても専門的なものになっています。
実際にボーカルレッスン・ボイストレーニングを受けられる方のための内容だとお考えください。

 

「高い声を出したい!その1」でお話ししましたが、高い声を出すために一番大切になるのが【バランス】です。

【息】と【声】
高い声を出すためには、【声帯】を中心にして【息】と【声】を【バランス】よく出すことが、最も重要です。そして【息】と【声】の【バランス】をとるために、ぜひ【リップロール】を使うようにしましょう。
【リップロール】については、「カラオケで、うまく歌うには?」のページを参照してください。

【高い声の出し方】
1.まずはリラックスして、姿勢を正しましょう。
★「腹式呼吸とは?その2」にある【姿勢の作り方】を参照してください。

2.【腹式呼吸】をします。

 

3.【リップロール】を行いながら、声を立ち上げて行きます。
★はじめは無理をせず、低い音から出してみましょう。

 

4.ウォーミングアップが済んだら、だんだん高い音へ。
★この時、【リップロール】が止まらないように注意!

 

5.【リップロール】が止まってしまうのは、【息が多すぎる】または【(顔を含めて)体に力が入っている】時です。【リラックス】して【息を少なく】することを心がけて、【リップロール】を続けてみましょう。

 

6.自分が出したいと思う音を、【リップロール】と【実声】で交互に出してみましょう。

 

7.【実声】を発声するとき【Ba】と出してみましょう。

[注]「声の種類」のページを参照して、それぞれのポイントに気をつけながら声を出しましょう。

みなさん、どうでしたか? 高い声を無理なく出すことが出来ましたか?
成果を焦らず、じっくりと【練習】する事によって、だんだんと自分のものになって行くはずですよ!

それでは、さらに【高い声を出すコツ】をお教えして行きましょう!

 

 

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイストレーニング

ミュージカル