ボーカル講師 :中村 記子 (なかむら のりこ)


ボーカル講師: 中村 記子

ボーカル講師 中村 記子よりメッセージ

こんにちは
ボイストレーナーの中村記子です。
私はいつも、「声」は究極の楽器だなぁと思っています。自分自身の身体や心、はたまた人生そのものを音色とする、個性豊かな楽器だからです。世界中のどこを探し回っても、また、何万年さかのぼったとしても、自分と全く同じ人間は存在しないように、声もまた、たったひとつの存在です。だから、歌って本当に楽しい!

例えば、あなたにしか響かせられない音。
例えば、あなたにしか表現できないもの。
また例えば、あなたにだけ与えられた息遣い。

そうしたものをひとつ見つけるたびに、歌はどんどん輝いていきます。
その充実感と喜びを、共有できたら幸せです!

ボーカル講師 経歴

尚美学園短期大学音楽学科作曲専攻、東京コンセルヴァトアール尚美音楽社会研究科コース作曲部門卒業。
作曲を大村哲弥、松下耕の各氏に、ピアノを今掘恵、安橋倫子、小倉隆一郎の各氏に、ポピュラーピアノをトーマス・ヴァルチャック氏に師事。また、2007年より日本民謡を大塚文雄氏に師事(2010年の文雅会杯を皮切りに各コンクールにおいて上位入賞、2011年には『北海大漁節』にて全国大会出場)。

主な出演

伴奏ピアニストとして、合唱、声楽、バイオリン、フルートなどの伴奏を中心に、数々の演奏会・レコーディングに出演参加するとともに、客船飛鳥、客船ぱしふぃっく・びいなすのラウンジピアニストとして君臨するほか、さまざまな分野にて活動を展開。

一方、女性アカペラグループJSのリードボーカル兼アレンジャーとして、個性的な編曲作品を数多く生み出し、純正律の可能性を大きく飛躍させるものとして各界より高い評価を得てきたが、中でも『金毘羅船々』は地元香川県からも認められ、33年に一度の大遷座祭を含む二度の金刀比羅宮本殿奉納ライブを実現させた。また、2007年“日本旋法と沖縄旋法への試み『風のミチノリコンサート』”を開催。『(ソプラノとバイオリンのための)耳切り坊主』『(バイオリンとピアノのための小品)島唄』などの作品を発表し、日本固有の音素材とクラシック音楽との融合を図る。

近年、“童謡を題材とした女声アカペラのための『気まぐれエチュード(全7巻350曲)』”、『(ソプラノとピアノのためのための)スコットランド民謡集』などを続々と発表。いずれも好評を博す。また、2013年からは、日本民謡を後世に残し伝えるべく、大塚文雄氏監修のもと、大塚流民謡の採譜にも取り組んでいる。

現在、Nori with NORI NORI COMPANY、及び、HAPPY ACAPPELLA OHANAのメインボーカル・アレンジャー・ピアニストとして定期的にコンサート活動を行うほか、女声コーラスあみぃ、ENSEMBLE IRIS、児童合唱団キラキラフレンズ、あんさんぶるおりーぶ板橋、あんさんぶるおりーぶ練馬の常任指導者としても活動中。

ボーカル教室オーナーより一言