目的から探す

カラオケで上手に歌いたい

こんな方に!

  • カラオケ採点を上げたい
  • カラオケ大会で上位を目指したい
  • もっと上手に歌えるようになりたい
  • ビブラートやミックスボイスを習得したい
  • ストレス発散&カッコよく歌いたい
  • YouTubeなどにある歌解説やトレーニング方法に沿って練習しても期待通りの声が出せない、歌えない

カラオケに関しての悩みや理想は人それぞれ。
「音程が合わない」
「高音が苦手」
「サビの部分で跳躍する音程に付いていけない」
「リズムとテンポがハマらない」
「ビブラート」「抑揚」「こぶし」「しゃくり」「フォール」といわれる加点ポイントを自分のものにしたい
などを、音楽的に理解できるようにレッスンではアプローチします。

 

基本技術をあなたのものにした先には、「ミックスボイス」「ウィスパーボイス」「ヘッドボイス」などボーカルテクニックも習得できることでしょう。

 

マンツーマンレッスンだからこそ、あなた自身が認識していない癖や課題を、担当の講師が丁寧にチェックしていきます。

自由自在にカラオケが歌えるようになるレッスン

1:基礎のボイストレーニングこそが大きな飛躍につながる

モアでは、カラオケのテクニック以前に「声の基礎」となる、ボイストレーニングを大切にしています。

 

生徒それぞれの、歌唱時の「声帯の状態」「声帯周りの筋肉の動き」「ブレスコントロール」「横隔膜や腹横筋などのインナーマッスルの動き」の状態を見定め、今あなたに合った適切なボイストレーニングをオリジナルで提供します。

 

2:テンポとリズムを正しくキープする

全校舎・全ブースにiPad完備、カラオケアプリのみ利用可能利用可能全校舎・全ブースにiPad完備、カラオケアプリも利用可能
講師:遠山講師

モアでは、一旦、カラオケの画面から離れて、
楽譜を使用したレッスンを行います。

ほとんどの楽譜にはテンポ(BPM)が記載され、一定の距離をおきながら連続して流れるリズムで構成されています。これをいわゆる【ビート】と呼びます。

 

ロック、ポップスにおいて、この【ビート】と呼ばれる要素があり、このビート感の上にリズム(自分のメロディ)が乗っていきます。

 

メロディを歌う上で、【ビート】を意識することがカラオケ上達の第一歩となります。

 

3:モアでは、練習したい楽曲の楽譜を用意します

ボーカルレッスン(歌唱練習)をする際、
一般的なボーカルスクールでは、生徒自身が楽譜を用意する、または教室のカラオケ画面で練習することが常識でした。

 

しかし、モアでは、できる限りの有名曲楽譜を所蔵し、日々、新曲に関しては随時、楽譜導入しています。そのため、希望する楽譜を手元にレッスンを進めることができます。

 

4:カラオケアプリとピアノ伴奏を併用して「あなたに最も合ったKey」を提案します

各生徒の希望に合わせて、カラオケアプリとピアノ伴奏を併用各生徒の希望に合わせて、カラオケアプリとピアノ伴奏を併用
写真:宮﨑講師

モアのレッスンでは、自分の好きな楽曲をピアノ生伴奏で歌えます。また、ピアノでもKey変更も容易にできることから、あなたにもっとも合ったKeyを探ることで、カラオケ上達にさらに近づくことができます。どの曲でも必ずしも原曲Keyがすべてではなく、あなたに合ったKeyで歌うことが非常に重要です。

 

5:YouTube上のボイトレ動画に関する質問も対応

近年、多くの生徒から「ボイトレYouTuber」の方々がUPしている解説動画について質問を受けます。

 

それぞれの解説動画は、エンターテインメントとして非常に秀逸で、我々も楽しく視聴しております。一方で、「タイパ」といわれるようにできるだけ簡潔に、簡単に解説されています。そのため、大切な要素が省かれていたり、誤解を招く表現も多々みうけられます。

 

独学で練習しようとも「できない」「内容の意味が理解できない」という声を受けます。モアのレッスンでは、動画内容について共有いただければ、内容を検証し、具体的に解説・ガイドします。

 

モアでは、定期的に再生数の多い動画を検証し、みなさんが自分のものにしたいテクニックを把握するようにつとめています。

コラム(カラオケで上手に歌いたい方へ)

リズムをとってみよう!その1(カラオケ上達のためのリズム理解)

みなさんは、音楽が3つの要素によって成り立っていることをご存知でしょうか?
【音楽の3大要素】とは
1)リズム
2)メロディ
3)ハーモニー
そして、これらすべての要素の根底にあるのが【リズム】なのです。太古の昔、この世界にはじめて音楽が生まれた瞬間を想像してみてください。

寄せては返す波のささやき、雷鳴のとどろき。
風がそよぐ歌声、雨と大地が織りなすハーモニー。
鳥のさえずり、動物たちの大合唱…。
私たちが暮らす自然界は、豊かな音であふれています。

さまざまな音の中にシンフォニーを感じて、人類自らが最初に音楽を奏でた瞬間。それはきっと、言葉ではなく、感情の叫び。手を叩いたり、足を踏みならしたりして表現される【リズム】だったのではないでしょうか。

人は【リズム】をとって音楽を演奏するとき、音楽そのものがもつパワーと自分自身をリンクさせます。
【リズムをとる】と、何だか楽しい。そう感じることこそが、【音】を【楽しむ】と書く【音楽】本来の魅力なのです!

歌をうたう時には、遠慮なく手をたたきましょう!足を踏みならしたり、踊ったって大丈夫!心から音楽を楽しんでいると、自然と体が動き出すもの。【うまく歌う】だけではない【楽しさ】が音楽にはあるのです。メロデを楽しむほかにも、たくさんのリズムを感じてみましょう。

数ある【リズム】の中でもDrums(ドラム)が担当しているのが、【ビート】と呼ばれるリズムです。
楽曲を聴く際はまず、このドラムにフォーカスして聴いてみてください。注目すべきは、次の【3点】が刻むリズムです。
1)BassDrum(ベースドラム)
2)SnareDrum(スネアドラム)
3)HiHatCymbal(ハイアットシンバル)

1)は、ベースドラム。今風に略して【バスドラ】と呼ばれることもありますが、ドラムの中でも最も低い音が出ます。文字にして音のイメージをお伝えするなら、「ドン」という感じでしょうか。
2)のスネアドラムは、通称【スネア】。音は、「タン」という感じですね。
3)のハイハットシンバルは通称【ハイハット】と呼ばれ、「チッ」という感じに聴こえます。
以上の3つを【三点】と呼ぶわけですが、楽曲の基本的な【ビート】はこの【三点】で作られています。
次に3種類の音を並べてみますので、声に出して読んでみましょう。
【ドンツ、タンツ、ドンツ、タンツ】繰り返しますので、続けて読んでみてください。
【ドンツ、タンツ、ドンツ、タンツ】【ドンツ、タンツ、ドンツ、タンツ】
あれっ?とお気づきになったでしょうか。
まるでボイスパーカッションのように、自分の口を使ってドラムパターンが刻めるようになっていませんか?

練習を重ねるほどに上手にできるようになりますから、ぜひ大好きな曲を聴きながら練習してみてくださいね。リズムを意識しながら楽曲を聴いていると、ドラムの【三点】をしっかり聴きとれるようになるはず。心地よいリズムを楽しむように、ビートを刻む練習を心がけてみましょう!

リズムをとってみよう!その2(カラオケ上達のためのリズム理解)

【AfterBeat】という言葉をご存知ですか?
これは、ロック・ポップスどちらの楽曲でも基本になるビートのこと。
通常、ロック・ポップスは【4】という数を基本にして展開されます。
【4/4拍子】、【4(または8)小節で一回り】というように【4】で区切る性質があるのです。
※4にとらわれず、いろいろな拍子・小節数で作られた楽曲もあります。

1小節の中に1・2・3・4と刻んで行くとき、1と3が【強拍】、2と4が【弱拍】となるのが一般的。人が歩くときも無意識に刻んでいるリズムです。

右足、左足、と交互に大地を踏みしめて歩くわけですが、足が着地しているときは【強拍】を。足を上げているときには【弱拍】を感じているのです。
そして足が宙に浮いた状態、2と4の【弱拍】に【アクセント】をつけるのが【AfterBeat】。
手法は異なるものの、1・2・3・4のすべての拍を強くとるのが【AfterBeat】で、ロック・ポップスのビート感を演出します。

この【AfterBeat】は、「リズムをとってみよう!その1」でご紹介したDrumsの中の【SnareDrum】にあたります。
つまり、楽曲を聴いて【タン】と感じるドラムの音、というわけですね。

【タン】の音を聴き分けることができたら、そこに【アクセント】をつけてみましょう。
【タン】の音が聴こえた時が、【手をたたく】ポイントです。
1・2・3・4を感じながら、2と4で【手をたたく】。

すると…、そう!これが【AfterBeat】です!

大好きな楽曲を聴いたり、歌ったりしながら、ご自分の手で【AfterBeat】をたたいてみましょう。そうすればきっと、心も体も【音】を【楽しむ】ことができますよ。

まずは、トライしてみること。リズムをとりながら歌うことによって、カラオケ上達を目指しましょう!

PAGETOP