スクール選びでお悩みの方へ

スクール選びでお悩みの方へ

地域ナンバーワンになれた?!

私がモア東京ボーカル教室を浦安に開校したのが2006年。

当時、私は音楽の経験も乏しいばかりでなく、起業や経営のない普通のサラリーマンでした。

しかしながら、結果として、その後、葛西・津田沼・錦糸町と教室を広げ、過去累計で5000名以上の生徒さんが体験受講で通われるまでのボーカル教室になり、それぞれのエリアでトップ規模を誇るまでの教室に成長しました。

その間に、東日本大震災やコロナ感染など数々の修羅場があり、決して、順風満帆とまでは言えませんが、各地域の方々に一定の評価をいただいた結果であると思っています。

 

教室は、和やかで清潔な雰囲気ですが、町のボーカル教室の域は超えていませんし、人気講師においては予約が思うように取れず、ご迷惑もかけたりすることもあります。そして、当校の月謝は決して他に比べても安くありません。

トコトンこだわった講師の質

そんなモアですが、高い評価はどこにあったかと、校長として振り返ると。

やはり”講師の質”であったのではないかと思います。

まず、採用には特に重点を置きました。

  • 技能はもちろんのこと
  • 音楽への愛着とリスペクト
  • 人間性(講師として、人として)
  • 教室のビジョンとの相性

そして、採用後のトレーニングや面談も、しっかりと定期的に行っています。

生徒さんに寄り添う気持ち

過去、10年以上のボーカル教室経営の中で、何度となく、多方面から4校以外の開校を勧められました。ですが、私は2013年に錦糸町校以来は、教室を増やすことをやめました。

モアの基準では100名以上の応募をいただいても年間1~2名の採用が限界です。

つまり、質高い講師達で運営を維持するとなると4校が限界であるのが現実です。

安易に教室を増やさない

クラシック出身者、ミュージカルの舞台経験者、ポップスのプロシンガー、作曲家、プロのピアニストや楽器奏者など、モアの講師陣は大変バラエティが広いです。質だけでなく、講師陣の個性を最大限活かすよう配慮しています。トレーニングアプローチも三者三様でよいと思っています。

ただ、『生徒さんに寄り添う気持ち』だけは同じ価値観だと思います。

この思いはどのスクールや教室にも負けないと思います。

最後に

自慢のモアの講師陣のレッスンの受講をお勧めします。その効果と実感に驚くはずです。

是非、一度、教室にお越しいただければ嬉しいです。

モア東京ボーカル教室 校長 赤坂卓哉

PAGETOP