レッスンから探す

ジュニア・キッズミュージカルレッスン

ピアノ

ミュージカルを通して「表現力」をつけることで、子供本来の持つ才能を引き出します。

モアでは、ミュージカルを構成する「歌(歌唱)」、「ダンス」、「演技」の中でも、「歌」に特化したレッスンを提供しています。マンツーマンであるため、子供一人一人の特徴・性格・ペースに合わせながら「ミュージカル歌唱」を学ぶことができます。

※小学1年生以上が対象

こんな方に!

  • 所属しているミュージカル劇団や大小あるミュージカル公演において、役を勝ち取りたい
  • ダンススクールやミュージカルスクールの提供するグループ歌唱レッスンを受けているが、上達が実感できない・満足していない
  • 将来の子供ミュージカルオーディション対策として準備しておきたい

まずはカウンセリングを通して目標を確認

体験レッスンや入会後の初回レッスンはカウンセリングから始まります。

目標や現在の悩みや課題を、ジュニア・キッズミュージカル指導経験が⻑い講師が詳しく確認します。子供自身の個性や才能を最大限に伸ばすことを優先し、サポートしていきます。

レッスン内容

まずは楽しいと思えるよう工夫

まずは楽しいと思えるよう工夫

モアではマニュアル通りのレッスンを提供することはありません。

子供の興味があることや大好きなミュージカル曲・ディズニー曲からレッスンを開始していきます。子供にとって講師の前で歌うこと自体が、緊張することです。歌唱において緊張はするものですが、まずは楽しみながら、確実に実力を伸ばします。

身体を使って歌う

モアでは、リトミックの資格を持つ講師も多く在籍しているため、楽しく音楽と触れ合いながら、基本的な音楽能力を伸ばすサポートをします。希望があれば、徐々に基礎技術が伸びてきた段階で、ソルフェージュ学習に移行していくことも可能です。

ピアノ生伴奏でレッスン

ピアノ生伴奏でレッスンジュニアミュージカルでは、極力楽譜利用は控えて
楽しさを追求します。
写真:林 講師

モアではピアノ生伴奏でレッスンを進め、ジュニア・キッズの生徒さんにも楽譜を利用してもらいます。

子供の場合、楽譜を眺めながらピアノ生伴奏でレッスンを進めると自然に「音感能力」が向上し、楽譜が理解できるようになっていきます。楽譜を初めてみるお子さんでも大丈夫です。

オーディション対策として

「アニー」、「ライオンキング」、「レ・ミゼラブル」、「赤毛のアン」又は所属のミュージカル劇団や市⺠ミュージカルなどが行うオーディションに向けて、課題曲練習はもちろんのこと自由曲課題の選曲相談や練習ができます。すべてマンツーマンレッスンのため、都合の良い日程・時間帯、教室、対面又はオンラインレッスンを自由に選ぶことができます。

 

モア オーディション合格実績

ジュニアが出演するミュージカル作品

・「アニー」 孤児のジュライ役(2024年舞台)
・「ライオンキング」ヤングシンバ役
・「ピーターパン」マイケル役
・「葉っぱのフレディ」
・「赤毛のアン」
・「マリアと緑のプリンセス」
・「冒険者たち〜この海の彼方に〜」毎年合格者輩出
・「くまのがっこうジャッキー」
・「ニッキー」
・「ジュニア」
・「雪のプリンセス」
・「レディバードレディバード」
・ 「ミルコとカギロイの森」
・「スターダストドリーム」
・「未来への贈り物」

など多数

モアの在籍特典1

  • オーディション提出用動画の撮影サポート

    最近の書類選考では、動画提出が一般的となり、上半身を映した状態での歌唱動画を提出するものが多くなってきました。その第一ステップである「書類選考」では、自宅にてカラオケ音源で歌う動画に比べ、教室で講師のピアノ生伴奏で歌唱する動画は圧倒的に印象が良く、選考の後押しとなることは間違いありません。

    また、モアで定期的に開催している「レコーディングコース」を利用し、より音質が良くクオリティの高い音源又は動画を作成することも可能です。

     

モアの在籍特典2

  • 舞台経験を提供

    舞台経験を提供在籍生徒の発表会写真より。

    年数回あるモア主催のミュージカルライブや発表会に参加することができます。「100回の練習よりも1回の本番」と言われるように、舞台での本番経験は確実にレベルアップにつながります。

ジュニア・キッズミュージカルレッスンを担当する講師の声

歌・ダンス・演技等ミュージカルに必要な身体表現を楽しく学んでいくことで、感性豊かに、情操的な心を養い、表現することの楽しさを伝えていきます。個々の個性を伸びやかに大切に育てることで、新たな子供たちの新たな魅力を引き出し、表現することの喜びを感じましょう!

何事も基本はとっても大切です。小さい頃から基礎をしっかりと身につけていくこと。この積み重ねが土台となり、実力がついていきます。

 

歌うことを通して、「表現する楽しさ」を発見しましょう。

レッスンを通して表現をすることの楽しさ、自分で考える習慣、集中力が自然と身に付いていきます。そして、普段あまり練習の場がない基本的なマナーなども理解しながら、それぞれが持つ個性や魅力を発揮できるようになっていきます。

オーディションに向けての講師からのアドバイス

オーディションで採用する側のことを常に意識しながら、レッスンを進めています。

オーディションにおいて大切なことは、技術以前に自己紹介、挨拶ができることです。質問や求められたことに対して、「自分の言葉で答えられるか」。歌、演技に関しては、「本人の想像力を育て、どのように歌いたいのか、演技をしたいのか」を情操面と技術面より、お子さまの意志を尊重しながらサポートします。

お子さまだけでなく、親御さんと二人三脚で進めることが大前提です。

担当講師と同じ目線で、オーディション本番に向けて取り組む意識を共有することが大事であるということが分かってきました。

結果が出るご家庭ほど、一緒の目線で日々取り組むことができています。そして、緊張に負けない自分を信じるメンタルを育てていくことが大切です。レッスンを含めて日々の努力と練習量が結果につながります。

現場(舞台)経験者だからこそ、できるレッスンとアドバイアスがあります。

実際のミュージカルの現場では、プロフェッショナルとして理解し、求められたことに対してすぐに実行に移せる表現力が必要になってきます。そのため、日々、表現することを日常化してくことが大切です。我々はレッスンで表現の向上化をサポートしていきます。

〜モアよりお願い〜

毎年、書類選考が通過したため、オーディション直前の駆け込みでのにわかレッスンを受けたいという希望を受けることがあります。運よく書類選考は通過できるかもしれませんが、実技選考が行われる本選は、本物の実力がなければ通過はできることはありません。何事も上達には、「継続」が大切です。
モアでは「アニー」、「葉っぱのフレディ」、「赤毛のアン」、「劇団四季の子役」等多数の生徒を輩出しておりますが、オーディションで合格される方は、⻑く継続して受講されている方々です。「継続こそ重要である旨」を親御様には強く念頭に置いてもらいたいことです。

生徒の声

PAGETOP