【ミュージカル曲コラム】レ・ミゼラブル「オン・マイ・オウン」歌い方・歌 上達 歌唱法


Musical

ミュージカル お役立ち情報

2014/08/09

「オン・マイ・オウン」をCD音源のように、歌いたい方へ

以下、歌唱ポイントを参考に練習してみましょう。

[曲名] オン・マイ・オウン/On my own

[演目] レ・ミゼラブル/Les Miserables

[演目について]
1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描いたヴィクトル・ユゴーの原作を、アラン・ブーブリル(作詞)、クロード・ミシェル=シェーンベルク(作曲)がミュージカル化した本作品は、「CATS」や「オペラ座の怪人」を制作した、世界的演劇プロデューサー、キャメロン・マッキントッシュのもとで上演され、2013年からは舞台装置などを一新した新演出版での上演が行われている。

 

[曲について]
舞台と映画では、この歌が歌われるシチュエーションが違いますが、歌唱の内容は「エポニーヌが好きな人マリウスを思って歌う」という内容で、「歌唱時の感情の込め方」は映画も舞台も変わらないという理解で大丈夫だと思います。

[歌唱のポイント・アプローチ]
この曲は、力強い印象を与える歌唱のCDが多いので、地声で全部歌いたい!という希望が多いと思いますが、かなり喉に負担がきてしまいますので、まずはミックスボイス、または支えが抜けないファルセットにかえしてのアプローチから始めると良いでしょう。
特に、最後の「幸せの世界に縁などない」の部分、気持ちが盛り上がってくるので、支えまで持って行かれて、喉が閉まってしまわないよう気を付けてください

 

【注意】

本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい
という方のためのミュージカル曲解説となります。

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル

ミュージカル