【ミュージカル初心者 必見】オペラ座の怪人「オペラ座の怪人」歌唱法・唄い方


Musical

ミュージカル お役立ち情報

2014/08/18

「オペラ座の怪人」を知らなくても、誰もが耳にしたことのある、このメロディー。

難曲ですが、歌唱ポイントを参考に歌ってみましょう。

 

[曲名] オペラ座の怪人/The Phantom of the Opera

[演目] オペラ座の怪人/The Phantom of the Opera

[演目について]
フランスの怪奇作家ガストン・ルルーの原作をもとに、オペラ座の地下深くに棲む“ファントム”と歌姫“クリスティーヌ”の悲恋を美しく鮮烈に描いた、アンドリュー・ロイド=ウエバー渾身の作品。

[曲について]
急な代役としてオペラを成功に導いたクリスティーヌが、怪人に誘われオペラ座の地下に広がる神秘的な湖を、怪人の隠れ家へと進んでゆく時に歌われ、この作品を知らない人でも一度は耳にした事がある、このミュージカルを象徴するようなデュエットナンバーです。

 

[歌唱のポイント・アプローチ]
クリスティーヌのパートは、歌い始めは低音域、最後はオペラ歌手並みの高音域となっており、とにかくレンジが広く難曲で、最後の高音域のロングトーンは、喉が閉まると歌えません。
ファルセットで、身体でしっかり支えた息を頭上に当てる感覚で息を流すと良いでしょう。ファントムパートは、クリスティーヌを支配するような気持ちで歌うと良いでしょう。

【注意】
本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい、
という方のためのミュージカル曲解説となります。

 

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル

ミュージカル