ミュージカルコラム

コラムTOPに戻る

【宿屋の主人の歌(ミュージカル曲)を上手く歌いたい!】レ・ミゼラブル/Les Miserables『宿屋の主人の歌』 歌い方・歌 上達 歌唱法

[曲名] 宿屋の主人の歌
[作品] レ・ミゼラブル/Les Miserable(レミゼラブル/レミゼ)


【演目について】
1 本のパンを盗んだために 19 年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描いたヴィクトル・ユゴーの原作を、アラン・ブーブリル(作詞)、クロード・ミシェル=シェーンベルク(作曲)がミュージカル化した本作品は、「CATS」や「オペラ座の怪人」を制作した、世界的演劇プロデューサー、キャメロン・マッキントッシュのもとで上演され、2013 年からは舞台装置などを一新した新演出版での上演が行われている。


【曲目について】
1 幕中盤、働いていた工場をクビになったファンティーヌは、生活のために娼婦になり果てていた。しかし既に身体は病に蝕まれ、偶然再会したジャン・バルジャンに娘コゼットを託して息を引き取る。バルジャンは自分のせいでファンティーヌが工場をクビになった罪の意識から、「コゼットを見つけ、彼女を守る」と約束する。
そして向かったのはモンフェルメイユのテナルディエ夫妻の営む宿屋だった。この曲は、ファンテーヌから金銭と引き換えに預かったコゼットを下働きとしてこき使うテナルディエ夫妻が営む宿屋を舞台に、客で賑わう宿屋を、悪どい夫妻がどうやって宿屋を経営しているのか、客の酔っ払いたちとのかけ合いでコミカルに歌われる曲である。


【歌唱のポイント】
最初は怪しげな雰囲気で始まりますが、丁寧に歌うというよりは、悪どい主人の狡猾さを意識しましょう。
「この宿の~♪」からは、2 拍子のリズムが強調されます。足踏みするようなリズムを感じて、「この宿の」「おどけ者」「ごますり上手の」「おやじ」のように区切った単語の最初の音を少し強調して、居酒屋の楽しい雰囲気や躍動感を表現してみましょう。
登場人物全員、リズムや単語に合わせてブレスが浅くならないように注意して、おどけて歌い続けられるようにしましょう。

PAGETOP