【ボイトレ 歌い方】『Don’t Stop Me Now』(QUEEN/クイーン)を上手に歌うコツ!(ポイント解説)


Voice training

ボイストレーニング お役立ち情報

2018/12/26

大ヒット上映中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』で
話題の伝説のバンド「クイーン」のナンバーより選曲!


【Don’t Stop Me Now】
クイーン
1978発売のアルバム「JAZZ」に収録され、その翌年シングルカットされた名曲。


【ポイント解説】上手に歌うコツ
ゆったりとバラード的アプローチの冒頭に始まり、その後疾走感たっぷりの8ビートに変化していきます。どちらの雰囲気でも素敵なメロディーだと改めて感じるかと思います。
歌唱音域は女性でも少しのキー変更で対応できる範囲。テンポは早めで、かつ歌詞が多くフレーズ内に詰め込まれているので、まずはビートと歌詞のみで原曲テンポで「言える」ようにしましょう!


【歌唱音域とは】

以下、ウィキペディアより引用し、より分かりやすくモアで加筆している

レンジ(声域):ヒトの声で出すことのできる音高の範囲が、人声の音域である。

一般的なボイストレーニングで、チェストボイス→ミックスボイス→ヘッドボイスへのチェンジトレーニングで低音域から高音域まで出せるようになると、声域が広がる。

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイストレーニング

ミュージカル