「Defying Gravity 自由を求めて」『WiCKED』(ウィキッド)(ミュージカル曲)を上手く歌いたい!】歌い方


Musical

ミュージカル お役立ち情報

2020/12/14

【演目】ミュージカル ウィキッド『WiCKED』


【演目について】

児童文学の名作「オズの魔法使い」を翻案とした、スティーヴン・シュワルツ作詞・作曲のブロードウェイミュージカル。舞台の設定は、「オズの魔法使い」に登場する西の魔女が、どうして「悪い魔女」と呼ばれるようになったのか、その背景を描く。大胆な背景設定、色鮮やかな舞台セットやポップな曲調とは裏腹に、「肌の色の違いによる差別意識」、「悪とは、正義と正義が対立したときに生まれる構図」などがテーマに盛り込まれており、アメリカ社会問題への風刺が効いたストーリーとなっている。

作品は2003年にブロードウェイで初演。トニー賞三部門受賞、キャストアルバムはグラミー賞を受賞。日本では劇団四季が2007年に上演。主演のエルファバ役を濱田めぐみ氏が演じる。


【曲について】

自由を求めて(原題Defying Gravity)は、一幕ラストにエルファバによって唄われる。

憧れの存在であったエメラルドシティの大賢者「オズの魔法使い」が、実は何の力も持たない中年男であることを知ったエルファバは、ひどく落胆し、また彼が腐敗政治の黒幕でエルファバの魔力を悪用しようとしていることに気づき、逃走を図る。

「自由を求めて」は、自らの使命への誓いと、正義の仮面を被った巨大な悪への対決の意思が込められている。魔法による爆風で衛兵たちを薙ぎ払い、空高く舞い上がりながら高々と箒を突き上げ絶唱する姿は、この作品の盛り上がりポイントのひとつ。


【歌唱のポイント・アプローチ】

後半にかけてダイナミックに展開する大曲なので、ペース配分を大切に歌いましょう。前半の「いま動き出す~恐れはしない」の部分は、裏声を使う箇所があるので、静かで気高い決意の思いを込めて美しく発声するように心がけましょう。終盤の「大空たかーく舞い上がるの」のところからは、迫力が欲しいところです。ただ、力強く歌おうとすると喉が締まりがちになるので、その場合、舌の位置に気を付けて、口の奥に引かないように歌うと喉声になりづらいです。また、これだけの大曲を支えるための大感情と熱意は絶対に必要なので、役の研究も頑張りましょう!


【関連するYOTUUBE動画】


本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい
という方のためのミュージカル曲解説となります。


【モア在籍生徒様 特典】(日本語オリジナル楽譜)

自由を求めて~DEFYING GRAVITY~「ウィキッド」より
劇団四季 エルファバ ソロバージョン楽譜

ミュージカル好きであれば、人気の1曲
以前より劇団四季バージョンの楽譜が欲しいと各方面より希望を受け、ご提供します。

 

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル

ミュージカル