【ボイトレ 歌い方】『ストロー』(aiko)を上手に歌うコツ!(ポイント解説)


Voice training

ボイストレーニング お役立ち情報

2018/11/17

【ボイトレ 歌い方】『ストロー』(aiko)を上手に歌うコツ!(ポイント解説)


2018年5月リリース、aikoの38作目のシングルとなるストロー。
日常の何気ない風景が歌詞で描かれ、聴いているだけで夏を満喫出来るような楽曲となっており、aikoさんらしいpop感と歌詞の可愛らしさが存分に発揮された1曲です。

「ストロー」:作詞作曲=AIKO


【ポイント解説】上手に歌うコツ

繰り返しの歌詞とメロとリズムが特徴ですが、これが続くと地味にきつくなってきます。
主にミックスボイス高音のヘッドがポイントで、「適切な息のコントロール」を心掛けてサクサク歌ってみましょう!


【適切な息】とは

メロディ発声(ボーカル)に必要なものは、主に「声・息・発音」
この3要素のバランスが適切に保たれていると「ブレス」が長く続きます。ブレスが長く続くと曲の最後まで、疲れずに歌唱できます。

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイストレーニング

ミュージカル