【ボイトレ 歌い方】『夏空グラフィティ』(いきものがかり)を上手に歌うコツ!(ポイント解説)


Voice training

ボイストレーニング お役立ち情報

2018/11/20

【ボイトレ 歌い方】『夏空グラフィティ』(いきものがかり)を上手に歌うコツ!(ポイント解説)


『夏空グラフィティ』(いきものがかり)

2007年リリース、いきものがかかり6枚目のシングルとなるこの曲は、夏空や海を想像させるような軽快な8ビートが印象的な楽曲です。
夏空グラフィティはコカ・コーラ「アクエリアス ビタミンガード」CMソングにも起用され、「HANABI」以来となるオリコンチャートTOP10入りも果たしています!


【ポイント解説】上手に歌うコツ

まっすぐに伸びやかなボーカルが特徴のいきものがかりですが、このように歌うのはなかなか至難の技。
このテイストにチャレンジする場合は「キーを少し下げて練習したり、高音域はチェンジしてヘッドも使う」など、喉に負担の無いように少しずつ調整してみてください。
チェンジしたとしても、その音に慣れていくことで少しずつ音域は伸びていきますので、無理なく練習を続けましょう!

高音のみヘッドボイスにする場合は、息漏れしないように支えを持って歌ってみましょう!


【キー(調)】とは
以下、ウィキペディアより引用し、より分かりやすくモアで加筆している

ここでは「カラオケの+-」を指す。
キーを上げる、キーを下げるという言い方をする。

尚、「原キー」とは、オリジナルと同じ高さを指す。

記事が面白かったら
シェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイストレーニング

ミュージカル