ミュージカルコラム

コラムTOPに戻る

「for good」『WiCKED』(ウィキッド)(ミュージカル曲)を上手く歌いたい!】歌い方

【演目について】

児童文学の名作「オズの魔法使い」を翻案とした、スティーヴン・シュワルツ作詞・作曲のブロードウェイミュージカル。舞台の設定は、「オズの魔法使い」に登場する西の魔女が、どうして「悪い魔女」と呼ばれるようになったのか、その背景を描く。大胆な背景設定、色鮮やかな舞台セットやポップな曲調とは裏腹に、「肌の色の違いによる差別意識」、「悪とは、正義と正義が対立したときに生まれる構図」などがテーマに盛り込まれており、アメリカ社会問題への風刺が効いたストーリーとなっている。

作品は2003年にブロードウェイで初演。トニー賞三部門受賞、キャストアルバムはグラミー賞を受賞。日本では劇団四季が2007年に上演。主演のエルファバ役を濱田めぐみ氏が演じる。


【楽曲について】

「For good」は二幕の後半で歌われる楽曲。

自分の魔力が悪用されることに気づき、周りを不幸にしていると悟ったエルファバは、グリンダに自分の真の思いを打ち明ける。

その言葉を受け取ったグリンダは、今までエルファバにしてきたことを謝り、そしてエルファバのおかげで今の自分がある、と語り始める。

出逢った当初から対照的なふたりが初めてお互いを理解し、最後の別れを告げる。

ウィキッドの女性曲は比較的キーの高い曲が多いが、「For good」はしっとりとお互いの友情を確かめ合う美しい楽曲。


【歌唱・ワンポイントアドバイス】

この曲はデュエット曲であるので、まず主旋律のメロディをしっかり頭に入れたあと、ハモリパートを練習し始めると良いです。

ハモリやコーラスの原則は、主旋律を邪魔するほどの音量を出さないことなので、そこを気をつけてつけましょう。歌う前に事前に相手役とよく話し合うと素敵な表現になると思います。

また、テンポがゆっくりなバラードなので、しっかりと息を支えるためにお腹を使って歌いましょう。


本コラムは、初めてミュージカル曲を歌ってみたい
という方のためのミュージカル曲解説となります。


【関連するYOTUUBE動画】

PAGETOP