【「μ」の活動ブログ5】夏といえば、夏フェス!


grown-up record of student

生徒の成長日記

2019/07/30

μ

今年の夏は冷夏かと思いきや、やってきましたね、夏!!

皆さま、いかがお過ごしですか?


夏といえば、夏フェス!

我々のバンドも職場の暑気払いの場を借りて「夏フェス アコースティックな夏」と題してアコースティックライブを開催させていただきました。


この夏フェスはいつものバンド形式と違ってカホンやアコースティックベースを使って行います。

そして、私はバックシンガーデビュー。

小学校の合唱部の頃からソプラノパートだったり、学生バンドもメインボーカルだったりと主旋律を歌うことに慣れてしまっている私…。

そんな私の耳は「俺が!俺が!耳」なのです。主役を張りたがる耳なのです。情けないのですが、主旋律しか音をとることが出来ない。ハモっている音程を取れない・・・涙。まさに「メインを俺に張らせろ!」な耳なのです。

楽譜もらったけど、上がるの下がるのが理解できる程度で音程なんざ読めない。3度だ5度だ言われて音源きいてもハモリパートは漠然としてしか聴こえない。困った・・・。カッコよくバックボーカル演りたい!


そして、私は毎日、テレビのCMで歌が流れていたらハモってみる練習を開始した。

トライしてもトライしても知らん間に主旋に寄ってしまってる…涙。あかん…このままか・・・と思い始めたころ、おぼろげに降臨!

今思えば、レッスンでハモリを特訓してもらったほうが確実だったのに…。思い立ったのが直前すぎて間に合わず。

しかしながら、ブレイクのところ等でメインを張るところのみ、工藤トレーナーに いきなり無茶ぶりして譜割や英語の発音も含めてたった1回のレッスンにもかかわらず、本番の板に乗れるように仕込んでいただきました。

いつもながら、工藤トレーナーの導く力に感服。

おかげさまで本番はオーディエンスとともに盛り上がることができ良い暑気払いになりました。来年に向けてCMハモリは継続しよう…。


そして、イベントといえば、モアの「バンカラ」。今回初めて聴きに行かせていただきました。

みんな思い思いの曲をそれぞれ「想い」をもって聴かせてくれます。

すごく緊張しているんだろうな…、とくに自分の番を待っている時間…。

心臓の音が聞こえてきそうな感じ。友達と行くカラオケとは全然別物。生バンドですし。もう、ライブです。

でも、舞台に上がっていざ曲が始まれば、みんな不思議と腹が座るというか。本当に楽しんでいるのがわかります。

バックをつとめてくれるバンドの方々がまた、温かい。そしてこちらも同じく笑顔になってリズムなんかとっちゃいます。

そして、次回は自分も出てみたい…と野望を抱いてしまいそうになる。

ボーカリストは板の上に乗る経験を重ねるのって大切だと思うんです。こういう場を希望者に与えてもらえるのってありがたいことです。


それから、感動したのは、同じトレーナーの生徒さんでもそれぞれに個性が活かされていること。

音楽的に大切なところは大事にしつつ、同じ型にはまるのではなく、なりたい自分になっているのが感じられました。

トレーナーって名プロデューサーでもあるんだなぁと。

ますます、冬のライブに向けて精進するのが楽しくなってきました!!


【「μ」のプロフィール】
===
Rockの日にオギャーと生まれてからこのかた、rockな人生を歩んでおります。
幼児のころから縄跳びの縄をマイク代わりに(昔はワイヤレスマイクなんてない)、ベッドの上をステージに歌いまくってました。しかし、社会人になってはや幾年、バンドから遠ざかっていましたがrockの血が落ち着いてはいられず中年バンドに乱入。そこで頼ったのがモアボーカル教室です🎵半年間、宜しくお願いします‼️
===

第1回目成長日記はこちら

第2回目成長日記はこちら

第3回目成長日記はこちら

第4回目成長日記はこちら

μさんの
成長を応援してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の成長日記はこちら

お役立ち情報