ボーカル講師 対談インタビュー:小澤明菜トレーナー

 音楽をはじめたきっかけ

「楽しい」が「好き」になって。もっと上手くなりたいから頑張れました。

音楽が好きでピアノが得意な母の影響で、兄と姉がピアノ教室に通っていて。三人兄妹の末っ子として育った私もピアノに興味を持ち3歳から習い始めました。このとき私を指導してくださった先生が、とっても明るく楽しい方で。どんな場面でも決して怒ることなく、いつも楽しく・のびのびとレッスンをしてくださいました。そんな先生が大好きで憧れていた私は、小学生の頃から「自分も将来、先生になりたい」と強く思うようになったのが音楽の道に進んだきっかけです。

ある日、ピアノの先生から「歌も好きなら声楽もやってみない?」と声をかけられ、元々歌うことが好きだった私は音楽コースがある私立中学校に進学することを目指して、小学5年生の頃から本格的に「歌うこと」を始めたんです。そして願いは叶ったもののいざ入学してみると片道1時間かけての電車通学、通常の中学校カリキュラム+音楽のカリキュラムの毎日が待ち受けていて、慣れるまでは本当に大変でした。それでも中学・高校の6年間で学んだこと、一緒に過ごした友人たちは今でも私の宝物です。

大学は他校の音大を声楽科で受験して学んだのですが、今度も通学時間が長い毎日は変わらず。電車の中で宿題をしたり、課題曲を聴いたりしながら学校に通っていましたね。そんな私が大学卒業後に選んだ道は、大手楽器メーカーへの就職でした。憧れの先生と同じように講師になることが私の最終目標でしたが、教室開設のために「まずはお金を貯めなければ」と。音楽に携わる所で働きたいと考え、会社選びをして、大人のための音楽教室を運営する部署で5年半にわたって仕事をしていました。

ボーカル講師(ボイストレーナー)をはじめたきっかけ

大手楽器メーカーを退職後は家族の理解と協力を得て自宅を一部リフォームし、音楽教室をはじめました。大学時代にもピアノ講師のアルバイトをしていましたが、自宅の教室では私がピアノを始めた年頃の生徒さんたちを指導することもあって、楽しさとやりがいを感じましたね。そして、教室の運営にも慣れてちょっと余裕が出てきたとき、ピアノと同じようにずっと続けてきた「歌」も伝えていきたいと考えるようになりました。元々、クラシック以外の曲も大好きだったので、色々なジャンルの歌に触れられる環境で伝えるお仕事ができたらと思い、インターネットでボーカル教室を検索していたときに目にとまったのが「モア東京ボーカル教室」だったんです。ボーカル講師として活躍されている方たちの経歴が素晴らしいと感じましたし、教室の雰囲気も良さそうで。まずは採用試験を受けてみようと思い応募、そしてご縁があって今こちらで働いています。

講師(ボイストレーナー)業を行う上で重要視しているところ

私はいつも「生徒さんに笑顔でお帰りいただけるように」と考えながらボーカルレッスンをしています。それぞれの生徒さんの目的やレベルにあわせて、みなさんにご満足いただけるようなレッスンをご提供したいと思っているのです。時には私の思いが強すぎて、生徒さんをヘトヘトにさせてしまうこともありますが(笑)。私が担当する生徒さんたちが、教室での時間を楽しんでくださったら嬉しいですね。私自身も経験があるのですが、何かを学ぶ上で「楽しむこと」はとても大切な要素。レッスンを「楽しい」と感じることができれば長く続けられますし、「楽しい」はやがて「好き」なって、もっと上手くなりたいという思いで自分から進んで努力するようになるんです。私もボーカル講師としてのスキルを磨いて、生徒さんたちに「また来たい」と思っていただけるような、次回を楽しみにしていただけるようなレッスンをしていきたいです。

ボーカル講師(ボイストレーナー)を行っていて良かったと感じる瞬間は?

歌うお仕事をされている生徒さんが、先日のレッスンで「前より褒められました!」と報告してくださったんです。こんな風に生徒さんに喜んでいただけたり、自分が担当する生徒さんの成長を感じられたときには、何とも言えない驚きと感動を覚えるものです。私は現在ボーカル講師として仕事をしていますが、楽譜に忠実に演奏するピアノと違って、歌は指導するのが難しいと感じることがあります。歌は自分自身が楽器なので音色は十人十色。その方にあったやり方というのが求められます。また楽曲をアーティストさんのように歌いたいのか、生徒さんが持っている味のままに歌いたいのか、求めるスタイルによって楽曲へのアプローチもさまざまです。それでも、生徒さんとコミュニケーションをとりながらニーズを探って、1つの楽曲をつくり上げていく作業も楽しくて。モア東京ボーカル教室でそれぞれの生徒さんを指導する中で得た「気づき」が、講師としての私を成長させてくれているように感じています。

ボーカル教室の生徒さんに伝えたいメッセージ

ボーカル教室に通う際「ある程度歌えなければいけない」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、全くそんなことはありません。自分の歌は全然ダメだとおっしゃる方でも、音程・リズム・表現力のどれか1つは出来ていることが多いんです。モア東京ボーカル教室のレッスンはすべてマンツーマンですから、誰かに聴かれて恥ずかしいということもありませんし、それぞれの生徒さんの良さを引き出して上達に向けたサポートをするのが私たちの仕事。もしも「歌を習いたい」という気持ちが1%でもあるなら、気軽に・楽しくレッスンを始めていただきたいと思います。

モア東京ボーカル教室のよいところは

小さな頃から歌とピアノを続けてきた私ですが、ボーカル講師として生徒さんのためにピアノ伴奏をする「コード弾き」の不安や、何か困ったときには、先輩のボイストレーナーがしっかりとフォローしてくださいました。やさしい先輩方に囲まれて、質問や相談が気軽にできる環境なので安心できます。

一方でお仕事や学業で忙しい生徒さんにとって、モア東京ボーカル教室のレッスンはとても魅力的だと思います。かつて私が在籍していた会社のお教室は曜日・時間・講師が固定・振替レッスンなし等、規定が多いですが、モアのレッスンはフレキシブルで自由度が高いんです。場所や時間は4ヵ所あるお教室から自由に選べますし、ご自分にあったボイストレーナーを見つけていただくこともできるんですよ。第一線で活躍されている講師陣が揃っていますから、どんなジャンルにおいても質の高いボーカルレッスンを受けていただけると思います。

近い将来の音楽家としての目標は…

中学・高校時代をともに過ごした友人とは今でもとても仲が良くて。数年前にランチをしていたときに話が盛り上がって、音楽ユニットを結成したんです。バイオリン・フルート・ピアノを演奏する友人たちの中で、私はボーカルとして参加しています。それぞれが音楽講師として活動する彼女たちとスケジュール調整をするのは難しいのですが、今後はもっと積極的に音楽活動を展開していけたらと思っています。